河瀬和幸 実演販売の威力を実証!

テレビ「日経スペシャル夢織人第67回」で放映された田中金属製作所

2016年7月23日(土)放送(BSジャパン7月28日(木)放送)

 

株式会社田中金属製作所が作ったマイクロナノバブルシャワーヘッド「ボリーナシリーズ」が当初東急ハンズに持ち込んだ時、東急ハンズに「高くて売れない!」と拒否されたシャワーヘッドを、河瀬和幸が商品の視点を変えて再び東急ハンズの市場へ押し戻し、今や大ヒット商品になっています。

テレビでは、田中金属製作所が2年の開発期間をかけて、毛穴の中の汚れまで落とすマイクロナノバブルのシャワーヘッドを開発経緯をドキュメンタリータッチで放映されました。

 

田中金属製作所は主に水回りの部品製造する下請けメーカーでした。不況で主力の取引先からの注文が激減、事業撤退もあって、社長の田中和広氏が自社で独自の製品を開発し、自ら商品を販売すると言う決断に至りました。

 

中小製造業は商品開発をする事は出来るが、販売する術が無いのが普通です。完売王の異名を持つセールスクリエーターの河瀬和幸がブランディングを含め、販売戦略を立て、自らも店頭に立って販売及び販売指導をしました。このような商品のは拡販する過程に置いて、必ずクチコミを創り出すことが肝要です。

 

まだまだ全国には英知を結集して開発した商品が星の数ほど埋もれています。今まで数多くの商品を世に出す為の販売戦略を立てて実践してきました。販売や商品開発のご相談をお待ちしています。

売れるための大切な3要素

① 商品力 この事例では、マイクロナノバブルシャワーヘッド
② 場所力 この事例では東急ハンズ。
③ 考売力「考売力」とは、売場での考える力です。河瀬和幸の動きもその1つ。

© 1983-2018 James M. Ohtaki & Brain Trust Inc.  All Rights Reserved

  • b-facebook